2007年04月01日

篠原涼子、ストレスがたまって・・・

篠原涼子(33)の主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ)が大ヒットしたことで、早くも「パート2」の制作が決まったという。
 「ハケンの品格」は平均視聴率20.1%、最終回は26.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)をマーク。篠原は数々の資格を持つ時給3000円のスーパー派遣社員を演じ、自身の過去最高のヒット作となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000001-gen-ent&kz=ent

「高視聴率を獲得したことで、日テレはドラマの放送中から続編の企画を篠原サイドに打診していました。放送時間を拡大した最終回が続編を想定したような終わり方だったのもそのためです。日テレはあまり間をおかずに7月クールの放送を望んでいましたが、篠原とスケジュールが合わなかったため、10月クールでまとまったようです」(テレビ関係者)
“視聴率女優”として、あちこちから引っ張りダコの篠原を確保できたのだから、日テレもホッと一息だろう。
 もっとも、「これでますます篠原は増長するのではないか」との声も聞こえてくる。
 篠原は「anego〜アネゴ〜」(日テレ)や「アンフェア」(フジテレビ)といった主演ドラマを立て続けにヒットさせ、最新版の「潜在視聴率ランキング」も14.6%で仲間由紀恵に次ぐ2位に躍進した。CM出演の依頼も殺到していて、現在は「au」や「資生堂」など12社と契約を結んでいる。まさに、我が世の春である。
「彼女の態度はどんどんデカくなっています。ドラマの撮影では何か気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になるので、スタッフはいつもピリピリしている。“女王様”という言葉がピッタリです。休むヒマがないほどのハードスケジュールが続き、ストレスがたまってイライラしているのでしょう」(マスコミ関係者)
 篠原の女優の品格が問われている。


posted at 20:56 | 芸能

若槻千夏、ブログの女王の座狙う

 タレントの若槻千夏(22)のブログが話題になっている。若槻は今年1月18日からブログをスタート。更新回数の多さがウリで、海外ロケに出かけた数日間以外は、毎日1〜2回書き込む熱心さだ。読者の質問に答える企画を行ったこともあり、その時は1日に74回も更新した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000004-gen-ent&kz=ent

「若槻は昨年後半の不可解な“長期休養”でミソをつけ、仕事が激減してしまった。ブログを始めて話題になれば、浮上への足がかりになると考えたのでしょう。“しょこたん”こと中川翔子は1日に70回近くもブログを更新し、“ブログの女王”として引っ張りダコになっている。若槻が更新回数にこだわるのは、しょこたんの座を狙っているからです」(芸能リポーター)
 現在、若槻のレギュラーは深夜の「恋愛部活」(日本テレビ)と土曜正午の「メレンゲの気持ち」(同)のみ。その「メレンゲ」も4月から松浦亜弥にバトンタッチする。
 全盛期には10本近いレギュラーを抱える売れっ子だったことを思えば、あまりにさみしい状況と言わざるを得ない。若槻がブログを1日に74回更新できるのも、裏を返せば時間を持て余しているからだろう。
 若槻は先日も、問題になった夏川純(26)の年齢詐称騒動について「私も“実は○○なんです”みたいなおいしいネタが欲しい」とうらやましがっていた。これは若槻の本心だろう。話題づくりに必死か。
posted at 20:21 | 芸能

飯島愛、ブログで動画コメント

3月で芸能界を引退することを発表しているタレントの飯島愛。レギュラー番組であるTBS系『サンデージャポン』の3月25日の生放送が最後の出演になる予定だったが、地震特番で休止になったのを受け、事前に収録された“飯島愛 引退スペシャル”が4月1日に放送された。そのなかでは、引退の真相、引退後の生活などについて語り、ファン、出演者、スタッフへの感謝を涙ながらに伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000004-jij-soci

 事前に収録されていた飯島愛の最後の『サンデージャポン』出演の模様がこの日オンエアされた。そのなかでは、引退に関しての「ITビジネス界に進出する」「ニューヨークで暮らす」といった噂を否定。ただし「精子バンクを利用してシングルマザーに」に関しては、これまでにトライしたことを認めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000018-spn-ent
 そして、引退の理由に関しては、「病気になったときにいろいろ考えました。(飯島愛を客観視して)身を削ってタレントを続けていくのは限界があります。若い子もたくさん出てくるし…。私はそんなに強い女性じゃないから…」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000101-sph-ent
この先の仕事、やりたいことを問われると「病院で働くのもいいかな。カウンセリングとかもやってみたい」と自身が病気にかかったときにそう思っていたことを明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000002-oric-ent
 最後には、番組の出演者一人ひとりに感謝の言葉を述べ、司会の爆笑問題へは「大好きです。執筆や映画出演など、これからももっと飛躍して下さい。日本一の芸人になってくれることを期待しています」。そして涙ながらにファン、番組スタッフへの感謝の言葉で締めくくった。
 なお、飯島愛のブログには引退に関しての動画コメントが3月31日付でアップされており、この先も不定期ながらブログでの情報発信は続けていくとしている。
posted at 15:20 | 芸能

加護亜依と温泉旅行した男の正体

温泉旅行での喫煙がバレて芸能界引退必至となった元モーニング娘。の加護亜依(19)。軽はずみに行動した加護あいの自業自得だが、加護と温泉で1泊したオトコにも冷ややかな視線が向けられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000003-gen-ent&kz=ent

 相手の男性は、渋谷の人気カフェのオーナー・石本靖幸氏(37)。18歳も年上なのだから、加護の“プカプカ”を止めてしかるべきなのに、放置していた石本氏とはどんな人物なのか?
「石本氏は資本金300万円の有限会社を2001年に立ち上げました。表向きの肩書はカフェオーナーですが、仕事内容は家具の仕入れ販売からマッサージ店経営など多岐にわたります。20年近く前に映像業界に入って、グラビア関係のコーディネーターなどをして、芸能界人脈を築いたといわれています」(業界関係者)
 一説によると石本氏の口癖は「モー娘とヤリてえ」という。また、過去に矢田亜希子との交際説が流れたことが一部で報じられた。派手な生活をしているということか。
「石本氏は加護と出会う以前に、別のモー娘のメンバーに近づいていたという情報もあるんです」とは芸能ライター。
「もっとも、その時はそのモー娘のメンバーの自宅が張り込みづらい構造だったため、写真誌も決定的なショットを押さえられなかったようですが……」
 石本氏の好みがかなり年下の女性ということはハッキリした。
posted at 14:48 | 芸能

ほしのあき、ブルマー姿に自信

グラビアアイドルのほしのあき(30)が31日、東京・福家書店銀座店でトレーディングカード「ボムカード・ハイパー ほしのあき」(4月7日発売)の発売記念握手会を開いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000025-dal-ent&kz=ent

撮影地、香港にちなんで胸が大きく開いたチャイナ服姿で登場し、自慢の胸など体形維持の秘けつに「常に脱ぐこと。見てもらってると自分でも意識するし」と強調。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000023-nks-ent
30代に入って初のトレカには「本当の中学の時の制服を15年ぶりに出してきて着ました。バレーボール部に入っていたのでブルマー姿もありますよ」と“三十路ブルマー”にも自信顔だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070401-00000000-sanspo-ent
桜の季節だが「春なのに恋のつぼみは咲かないまんま。もっと出歩いて、いい人を見つけたい」と大きな胸に期待を膨らませていた。
posted at 14:27 | 芸能

文化放送看板番組20年の歴史に幕

文化放送の看板番組「吉田照美のやる気MANMAN!」(月〜金曜午後0時57分)が30日、20年の歴史に幕を閉じた。最終回は、俳優になる前から同番組のファンだったという福山雅治(38)が駆け付け、リスナー100人以上が同局本社に詰め掛けるなど、人気番組の終了を惜しんだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000006-gen-ent

 放送終了まで残り15秒。パーソナリティー吉田照美(56)と小俣雅子(54)は、お互いまったく譲らずに最後のあいさつをしゃべりあった。昨年12月に番組終了が決まったときは、落ち込んだという2人だが、吉田は「惜しまれたままでいいタイミング」。小俣は「聴取率首位に返り咲いて最高の終わり方」と感無量だった。
 今月13日に発表された2月度聴取率調査では、同時間帯での首位を奪還。20年間で史上最多55回目のトップだった。最終回に寄せられたファクスとメールは3000通を超えた。番組終了後は、文化放送の佐藤重喜社長以下100人以上の社員が大拍手で2人をたたえた。
 吉田は4月2日から新番組「吉田照美 ソコダイジナトコ」(月〜金曜午前6時)が始まる。名パートナー小俣は最後の最後に「朝も照美さんをNO・1にしてあげてくださ〜い」と絶叫した。
posted at 00:10 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。