2007年09月01日

山田まりや“元祖巨乳”が今さら目立つ事情

山田まりや(27)の動きが活発だ。まずは、かねて交際している12歳年上の舞台俳優・草野徹(39)との真剣交際を「フラッシュ」に報じられた。山田まりやは舞台を終えると草野徹と電車に乗って、2人で山田まりやのマンションに帰宅。交際について聞かれると、「順調です。結婚? いつでもいいように考えています」と言い切った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000003-gen-ent&kz=ent

山田まりやは21日まで出演していた舞台の会見でも、「セクシーパンツをはいてきました。原色の黄色で、食い込みがすごい」「ちゃんと避妊をしているから、できちゃった結婚はないと思います」などとサービス発言を連発している。
山田まりやがここまでアピールしているのには事情がある。
「交際相手の草野は舞台のほかにも声優やバンド活動をやっていますが、どれもパッとしません。結婚するにしても、まりやが稼がなきゃならない。まりやは実母と弟の面倒も見ています。彼女が芸能界入りしたのは、父親の家庭内暴力に苦しみ、離婚して母子3人で暮らすためですからね。それに、まりやは“弟が成人して独り立ちするまでは結婚しない”と宣言している。弟が20歳になる3年後までは、バリバリ働くつもりです」(マスコミ関係者)
山田まりやはここ数年舞台中心に仕事をしていたが、最近はテレビにも復帰しつつある。9月スタートの昼ドラマ「お・ばんざい!」(TBS)の6週目にメーンでゲスト出演し、10月のドラマ「京都地検の女」にも出演する。山田まりやの仕事ぶりに注目だ。


posted at 17:33 | 芸能

細木数子の予言を無視した舛添新大臣

舛添要一厚労相は反安倍の急先鋒から、改造内閣の“お茶濁し役”に転じた。この目玉大臣に冒頭のご託宣を送っていたのが、「ズバリ言うわよ!」の細木数子だ。
「大臣に要請されても、おなりになんないで下さい。大殺界に入りましたからね」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000005-gen-ent&kz=ent

内閣改造直前の24日に放映されたレギュラー番組「幸せって何だっけ」(フジテレビ系)。ゲストは、入閣が取り沙汰されていた舛添要一だった。そこで細木数子、話題が改造人事に及ぶと、大臣就任後の舛添要一の運命をこう予言した。
「いま苦労することはない。(大殺界が開ける)2年半後に大活躍します。つまんないことで“バンソウコウ大臣”(の二の舞い)になっちゃう」
舛添要一はところが意に介さず、苦笑しながら、「(安倍内閣は)生まれ変わる。命懸けでやりますから、ご覧ください」と、入閣をほのめかす余裕ぶりだった。
細木数子は結局お告げを無視されたが、民放関係者は「彼女の予言は外れることも多いですからね。舛添氏が無視したのも分かります」とこう続ける。
「05年7月に当時絶頂だったホリエモンについて『世界に進出する。ライブドアの株価は5倍になる』と大予言。その後わずか半年で塀の中に落ち、株価も大暴落したのは有名な話です。その場のノリで極端なことを言ってしまうようなのです」
他にも「谷亮子はアテネでメダル無理」→金。「ジーコ・ジャパンW杯1次リーグ突破」→1勝もできず。「田代まさし、どんどん良くなる」→芸能界追放……と、確かに当たった予言はあまり聞かない。
細木数子の予言は、またまた大外れか。それとも舛添要一は、第2の赤城となるのか。
posted at 17:14 | 国内ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。