2008年06月13日

ラスト・フレンズ視聴率CHANGE抜く

上野樹里、長澤まさみ、瑛太、水川あさみらのシリアスな演技も話題のフジテレビ系ドラマ『ラスト・フレンズ』。12日(木)放送の第10回目では、ビデオリサーチの調べで視聴率が20.7%を記録(関東地区 世帯視聴率)、ついに20%を越えたことがわかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000000-oric-ent

ドメスティックバイオレンスなど、現代人の抱える様々な悩みや問題を真正面から取り上げるドラマ『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)。視聴率13.9%で第1回目の放送がスタート。人気俳優陣によるシビアな演技も話題を呼び、回を重ねるごとに視聴率は上昇。第8回目では18.8%を記録した。
『のだめカンタービレ』で見せたキャラクターとは180度違うキャラクターを演じる上野樹里や、DV(ドメスティックバイオレンス)の設定を迫真の演技で表現する錦戸亮についての評判が高まっている。
脚本は、『ラブジェネレーション』、『神様、もう少しだけ』、『大奥』といった数々の人気ドラマを手がけた浅野妙子。最終回を来週に控え、注目度もますます高まっている。
posted at 18:51 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。