2008年08月06日

矢沢永吉の娘デビュー

矢沢永吉の娘・yokoを中心にしたユニット、the generous(ジェネラス)が、今秋にCDデビューすることが明らかになった。10月29日(水)にミニアルバムをリリースする。
なお、デモ音源の「着うた(R)」が、ミュウモ、レコ直♪、ドワンゴにて配信をスタートした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000003-pia-ent&kz=ent

現在22歳の矢沢永吉の娘・yokoは、12歳から18歳までをロサンジェルスで過ごし、ボイストレーニングはマイケル・ジャクソンのボイストレーナー、セス・リグスに師事。2004年に帰国し大学へ通う傍ら、レッスン、ライブ、曲作りなど精力的に活動し、今年、1本のデモテープがきっかけとなりユニットを結成した。
ユニット名のthe generous(ジェネラス)は、先人たちのエンタテインメント遺伝子=geneを受け継ぎ、新しい時代のスタンダード=generalとなる音楽エンタテインメントを生み出すという意味。
すでに、「フジテレビフラワーネットテレビCMのイメージソング、テレビアニメ「スキップ・ビート!」のオープニングテーマといったタイアップも決定している。東京・名古屋・大阪でのライブイベントの開催を予定している。
posted at 21:02 | 音楽
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。