2007年03月04日

スカウト、松坂に驚嘆

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手(26)が2日(日本時間3日)、フロリダ州フォートマイヤーズでのボストンカレッジ戦でオープン戦に初登板した。オリオールズ、ツインズ、レンジャーズのア・リーグ3球団にブレーブス、ナショナルズのナ・リーグ勢の合計5球団のスカウトがネット裏に陣取り、1球ごとに驚きの声を上げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070304-00000011-spnavi-base

 オ軍のジョーンズ・スカウトは「松坂は本物だ。まず速球のコントロールが抜群にいい。カーブ、スライダーのような変化球もしっかり感覚をつかんでいた。それらの球種をうまくミックスする。どんどんストライクを取れるのがいい」と話した。
 大リーグのスカウト内では「豊富な変化球を駆使した総合力の投手」という見解で一致していた。だが、予想外の速球の威力と制球力に目を奪われた。直球が通用するとなれば、自然と豊富な変化球も生きる。ツ軍のスカウトは「チェンジアップとフォークがほとんど見分けがつかなかった。これはやっかいだ」とうなった。腕の振りが同じで変化が異なる。打者にとってこれほど嫌な相手はいないとの評価だ。
 わずか1試合、25球でネット裏スカウト陣の目の色が変わった。松坂攻略プロジェクトチームを組んだヤンキースは、デーゲームのブルージェイズ戦の偵察を終え、松坂を見ることなく球場を後にした。現時点で大学生を相手にした松坂をチェックしても仕方がないという判断が働いたようだ。
 次回登板となる6日のマーリンズ戦はメジャーが相手。松坂も「僕がやりたい打者の反応だとか、ストライクゾーンの確認は次の試合で初めてできる」と話している。ネット裏のスカウトの数も増えることは確実。松坂攻略の糸口を見つけるために、スカウト陣の眼光はさらに鋭くなる。


タグ:松坂大輔
posted at 21:06 | 海外ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。