2007年03月31日

元阪神大豊の長女ら宝塚合格

タカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校の第95期生合格発表が30日、兵庫県宝塚市の同校で行われ、プロ野球・阪神、中日で活躍した大豊泰昭氏(42)の長女古荘祐子(ふるしょう・ゆうこ)さん(15)ら45人にサクラが咲いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000020-dal-ent

 競争倍率19・18倍の難関を突破した古荘さんは「昨夜、お父さんから電話で『祈ってるから』といわれました。ここからがスタートなので頑張りたい。みんなを愛して、愛されるスターになりたいですね」と笑顔で決意表明。「大変なこともいっぱいありました。1年3カ月前に母が事故で亡くなって…全部が晴れました」と悲しみを乗り越えて、夢舞台への第一歩を踏み出した。
 また、元サッカー日本代表で湘南ベルマーレのヘッドコーチ浅野哲也氏(40)の二女琴さん(16)も合格した。
 合格者は今後2年間、ピアノや声楽、バレエ、日舞など舞台芸術の基本を学び、09年3月に宝塚大劇場でのデビューを目指す。


posted at 19:01 | 音楽
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。