2007年04月28日

福原愛「パンツが見えちゃう」

卓球の福原愛(18=ANA)が「大人のスコート」を拒否した。卓球の世界選手権(個人戦)が、5月21日からクロアチア・ザグレブで開催。27日、大会を中継するテレビ東京で記者会見が行われ、男女代表が出席した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000024-nks-spo&kz=spo

「情熱」をテーマにした赤色が基調のユニホームも披露。女子代表は国際大会で初めてスコートを採用し、短パンと併用することになった。しかし福原愛は「試合に集中できないから、履かない」と宣言した。
 卓球のスコートは瞬時の移動で動きやすく、国内の大会でも着用する選手が少しずつ増えてきた。福原愛も昨年の全日本選手権でスコート姿を披露したが「ボールを拾う時に気になる」とその後封印している。ただ真っ赤なユニホームについては「色でも中国に勝てる気がしてきた」と話し、シングルス、ダブルス、混合ダブルスの3種目メダル獲得を誓った。
 先の南米遠征ではじんましんに苦しみ、25日の帰国後も通院。早大の授業も始まり、何かと忙しい毎日だが、卓球に集中する。


タグ:福原愛 卓球
posted at 15:32 | 国内ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。