2007年04月29日

井上真央、女子高生から妖怪に

タレントのウエンツ瑛士さん(21)と女優の井上真央さん(20)が28日、主演映画「ゲゲゲの鬼太郎」(本木克英監督)の舞台あいさつに登場。ヒロインの女子高生・実花を演じた井上真央さんは「『2』を作るなら是非妖怪役で」と続編の出演を本木監督にお願いした。
(【写真特集】井上真央さんらが登場した舞台あいさつの様子はこちら)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000003-maia-ent

 鬼太郎役のウエンツ瑛士さんは「人生をかけて臨んだ作品なので、不安で不安で……。昨夜、タクシーの運転手さんから『明日、鬼太郎を見ますよ』って言われて、泣きそうになりました」と主演のプレッシャーを振り返った。超ミニスカートにリボンがトレードマークの猫娘を演じた田中麗奈さん(26)は年齢的に抵抗もあった」と告白。井上真央さんは「迫力ある作品で参加できてうれしい。次は実花が本当は妖怪だったという設定にして欲しい」と話していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000018-nks-movi&kz=movi
 映画は、水木しげるさん原作の人気妖怪マンガを映像化。ねずみ男を大泉洋さん、子なき爺を間寛平さん、砂かけ婆を室井滋さんが演じている。東京・有楽町の丸の内ピカデリーなど全国松竹系でロードショー公開中。


posted at 15:02 | 映画
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。