2007年05月27日

石川遼人気でイアン・ポールターフェイス売り切れ

遼ちゃん旋風が、ゴルフ用品業界を直撃した。今月20日、男子プロゴルフツアー・マンシングウェアKSBカップで優勝した、15歳の石川遼が愛用のヘッドカバー「イアン・ポールター フェイス」(希望小売価格3990円、税込み)の人気が沸騰。国内の輸入窓口になっている「ホクシン交易」(本社・福島県いわき市)に注文が殺到し、製造元の米国から入荷が追いつかない異常事態となっていることが26日、分かった。
 ホクシン交易では「長いことやってますが、今回の人気は異常。ありがたいことです」と、ハニカミ王子旋風にうれしい悲鳴を上げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070527-00000085-sph-soci&kz=soci

 英国人プロゴルファー、イアン・ポールターの顔がモデルのヘッドカバーは、プレー中の石川遼とともにテレビに映っていた。しかし「まさか優勝するとは思ってなかった」と同社社員。石川遼が愛用していること自体、ツアー前は把握していなかったと言う。それだけに優勝の瞬間「これは大変なことになる」と、社内に緊張が走った。
 案の定、優勝と同時にインターネットでの注文、小売店からの問い合わせが殺到。在庫は即日完売した。
 現在は2度目の発注をして、入荷時期を確認中。「ハッキリした数量は明かせないが、反響は通常の商品の50倍くらいではないか。個数の単位としては数千。売り込みもかけていないのに、こんなに売れるとは」と驚いた。
 そもそもこのヘッドカバーは、イアン・ポールターが契約を結ぶ米国の会社が製造。ポールターは奇抜なファッションやヘアスタイルのおしゃれゴルファーで、遼ちゃんは「ファッションセンスが抜群」とたたえていた。
 ホクシン交易では「石川君のさわやかなキャラクターと、顔の形をした個性的なデザインが人気の原因ではないでしょうか」と分析した。
 二木ゴルフアメ横本店では、元々このヘッドカバーを置いておらず、複数の問い合わせを受けてホクシン交易に発注したが「もうなかった」。同店の渡辺文男店長は「今は食事も家族バラバラの時代。ゴルフなら3世代一緒に楽しめます。これがいいきっかけになって、いろいろな世代にゴルフをしてほしい」と期待していた。


posted at 15:24 | 国内ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。