2007年07月19日

PS3は秋から盛り上がるか?

PS3の泣き所であったソフト不足は、今年の秋から冬にかけて一気に解消されそうだ。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は7月17日、都内で「プレイステーション プレミア2007」を開催した。40タイトルの新作情報を六本木ヒルズの映画館を借り切って、大スクリーンの映像で報道陣に公開。各ゲームメーカーがとっておきの“隠し玉”を披露し、3時間半におよぶボリューム満点の発表会となった。
写真はコチラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070718-00000188-sph-game&kz=game

 【SCE】 携帯ゲーム機・プレイステーションポータブルの新型モデルを発表。画面の大きさはそのままに、189グラムと従来型より33%の軽量・薄型設計。また、映像をテレビ画面に出力することもできるようになり、チューナーをつけることでワンセグ放送受信にも対応。価格は19800円と従来型(20790円)より若干の値下げ。9月20日発売。「ここからPSPは第2次成長期に入る」とSCE・佐伯雅司氏。
 【ポリフォニーデジタル】 レースゲーム「グランツーリスモ5プロローグ」の実機デモを世界初公開。鈴鹿サーキットで16台のクルマを同時に走行させる圧巻のレースシーンを披露。「ここまでの車を同時に走らせることができたのは、5作目で初めて。シリーズ10年目を迎え、レースゲームの新しい標準をつくっていきたい」と山内一典社長。「グランツーリスモ5プロローグ」の発売日は10月の東京モーターショウで発表する。
 【バンダイナムコゲームス】 格闘ゲーム「鉄拳6」「ソウルキャリバーIV」のデモムービーを披露。報道陣の興味を引いたのは謎のゲーム「のびのびボーイ」。キャラクターが蛇のようにニョロニョロ動く映像だけを紹介。「このゲームに関しては、私もよくわからないんです」と鵜之澤部長。「塊魂」の製作者が開発している最新作という。
 【セガ】 サウンドノベルホラー「忌火起草(いまびきそう)」の発売日を10月25日と発表。水彩画風の映像が印象的なRPG「戦場のヴァルキュリア」の映像も公開した。サムライ風の着流しで登壇した「龍が如く」の名越プロデューサーは「次回作のヒントはこの姿」と煙に巻いた。現在計4本のソフトを製作中という。
 【レベルファイブ】 ドラクエ8の製作を担当した新鋭の最新作は、ファンタジーRPG「白騎士物語」。巨大キャラクターとの戦闘シーンを公開。主人公が巨大な白騎士に変身するダイナミックなバトルが売り。「PS3にはまだRPGが少ないので、早く完成させたい」と日野晃博社長。
 【コナミ】 注目作「メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオッツ」を実機で実演。中東の戦場に主人公スネークが潜入する様子を、実際に操作しながら披露した。「PSP版の最新作を9月20日に発売するのと別に、PS3でオンライン対戦専用のバージョンも出します」と小島秀夫監督から新情報も。
 【カプコン】 アクションゲーム「デビルメイクライ4」、サバイバルホラー「バイオハザード5」のトレーラームービーを紹介。稲船敬二部長は「PS3はまだ“爆発”には至っていない。“来た!”と思わせる作品に仕上げたい」と意気込み。
【スクウェア・エニックス】 期待のRPG「ファイナルファンタジーXIII」「ファイナルファンタジーヴェルサスXIII」に加え、アクションゲーム「ラストレムナント」を出展。「当社の新しいブランドタイトルとして育てていきたい」と橋本真司氏。PSP対応の「クライシスコア・ファイナルファンタジーVII」は新型PSPとパックで9月13日に先行販売する。25890円。
 【コーエー】 国内累計1000万本出荷のヒットアクション最新作「真・三國無双5」を初めて公開。「キャラクターをすべて一新して描き起こし、新たな世界観を作り上げていきます」と松原健二COO。発売は秋を目指す。ほかに、8月発売予定の「ブレイドストーム」をはじめ「フェイタルイナーシャ」「仁王」のムービーを紹介。


posted at 01:57 | ゲーム
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。