2007年07月23日

プリンセス天功イリュージョン失敗全身打撲

イリュージョニストのプリンセス天功が、昨日22日(日)に福井県鯖江市で行われた『プリンセス天功スーパーイリュージョン(2007サマーツアー)』の昼の部上演中に機材トラブルで全身打撲を負っていたことが分かった。今朝、プリンセス天功の所属事務所が公式ブログ上で公表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000005-oric-ent&kz=ent

 今回のトラブルは『決死のスパイク・イリュージョン』というエスケープイリュージョンの最中に発生。刃渡り10センチ、長さ80センチの金属製刃物、計20本に左右から強い力で挟まれ、あと1センチでプリンセス天功の右目に剣が突き刺さる状態だったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000916-san-ent&kz=ent
 トラブル発生後も約30分間イリュージョンを敢行するも、主催及びスタッフの判断により公演は途中で打ち切りとなり、引田天功は鯖江市内の総合病院に搬送。検査処置後、すぐの帰京と再度の検査を勧められ、昨日深夜主治医のもとに到着。現在、引田天功は強度の全身打撲状態で、頭部、胸部、腹部に強い痛みがある状態だという。
 今後の振り替え公演の対応など、詳細はホームページ等で発表される。


posted at 18:39 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。