2007年08月12日

F4、バカアイドルよりもバカ?

「F4」という台湾のアイドルグループのメンバーが今春、海外向けのイベントで台湾を「国家」と呼んだことについて、中国のネットユーザー達の間で非難の声が拡大している。2007年8月10日、中国現地メディアが伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070812-00000012-rcdc-ent&kz=ent

事の発端は今年3月、台湾旅游局から「観光親善大使」に選ばれた「F4」メンバーのジェリー・イエン(言承旭)やヴィック・チョウ(周渝民)らが、日本や韓国に向けて台湾の観光名所を紹介したメッセージにさかのぼる。その際、メンバーらは「僕らの国のために協力したい」「台湾はとてもフレンドリーな国」など、台湾を「国家」と位置づけるコメントを発表。これを見た中国のネットユーザー達から非難の声が巻き起こった。あるユーザーは、「国際的な仕事をする親善大使なら、国際問題に敏感になるべき」と指摘。中には日中戦争問題への無知さから数年前に非難の的になったアイドルのレイニー・ヤン(楊丞琳)の名前を挙げ、「いい年をして、バカアイドルよりさらにバカ」といった過激な内容も見られる。これに対し、ジェリーの事務所では「半年以上も前の出来事を今さら取り上げる理由が分からない。彼らの発言に政治的な意図はない」との見解を示し、謝罪会見の予定はないとしている。中台間の歴史的な対立関係、台湾の独立問題など政治的な機微に触れる話題だけに、鎮静化するどころか、拡大する一方だという。


posted at 21:17 | 海外ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。