2007年09月01日

細木数子の予言を無視した舛添新大臣

舛添要一厚労相は反安倍の急先鋒から、改造内閣の“お茶濁し役”に転じた。この目玉大臣に冒頭のご託宣を送っていたのが、「ズバリ言うわよ!」の細木数子だ。
「大臣に要請されても、おなりになんないで下さい。大殺界に入りましたからね」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000005-gen-ent&kz=ent

内閣改造直前の24日に放映されたレギュラー番組「幸せって何だっけ」(フジテレビ系)。ゲストは、入閣が取り沙汰されていた舛添要一だった。そこで細木数子、話題が改造人事に及ぶと、大臣就任後の舛添要一の運命をこう予言した。
「いま苦労することはない。(大殺界が開ける)2年半後に大活躍します。つまんないことで“バンソウコウ大臣”(の二の舞い)になっちゃう」
舛添要一はところが意に介さず、苦笑しながら、「(安倍内閣は)生まれ変わる。命懸けでやりますから、ご覧ください」と、入閣をほのめかす余裕ぶりだった。
細木数子は結局お告げを無視されたが、民放関係者は「彼女の予言は外れることも多いですからね。舛添氏が無視したのも分かります」とこう続ける。
「05年7月に当時絶頂だったホリエモンについて『世界に進出する。ライブドアの株価は5倍になる』と大予言。その後わずか半年で塀の中に落ち、株価も大暴落したのは有名な話です。その場のノリで極端なことを言ってしまうようなのです」
他にも「谷亮子はアテネでメダル無理」→金。「ジーコ・ジャパンW杯1次リーグ突破」→1勝もできず。「田代まさし、どんどん良くなる」→芸能界追放……と、確かに当たった予言はあまり聞かない。
細木数子の予言は、またまた大外れか。それとも舛添要一は、第2の赤城となるのか。
posted at 17:14 | 国内ニュース
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。