2007年11月06日

釈由美子のミニスカとセクシー網タイツ

釈由美子が、ミニのウエディング・ドレスに白い網タイツとブーツ姿でイベントに登場した。そのイベントは5日、フジテレビ本社屋前の大階段に展示された「特製ブラック・パール号」前で、ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ3作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のDVDとブルーレイディスクの発売30日前カウントダウン・イベント。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000005-flix-movi&kz=movi

ウエディング・ドレス・デザイナーの前田みのる氏が、この日のためにデザインした釈由美子のドレスのテーマは、力強さと女性らしさをミックスした「ワイルド&スイート」。特に、ロングドレスを大胆にカットしたミニスカートからのぞく、クモの巣柄の白い網タイツがワイルドさを強調していた。
そのタイツに、イベントが進むうちにちょっとした異変が起きた。釈由美子がいろんなポーズをとるうちに、右脚のタイツだけ下がってきたのだ。しかし釈由美子はそれに気が付かずポーズをとり続ける。タイツが左右アンバランスになり、少しだけのぞく右脚の太ももがドッキリするほどセクシーだった。
釈由美子はイベント終了後の囲み取材では、クリスマスも近いことから「一緒に過ごす相手はいますか?」とさっそく質問され、「いません」と即答した。「新しい恋人は、あせらず、のんびり、慎重に探したい。ジャック・スパロウのようにミステリアスで謎めいている人はすてきですが、(お付き合いするとなると)慎重にならないと……。誠実で男らしくて優しくて包容力があるウィル・ターナーのような男性が理想です」とコメントした。釈由美子は断然ウィル派だそうだ。また、「本当にそんな人がいたらお付き合いしたい。一体どちらにいらっしゃるんでしょうか?」と“恋人募集中”をアピールしていた。


posted at 19:00 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。