2007年11月20日

石原さとみ『マリと子犬の物語』で号泣

実話を元に描いた映画『マリと子犬の物語』の舞台挨拶付きプレミア試写を女優の石原さとみが19日(月)、鑑賞した。石原さとみは好きで同じ所属事務所の先輩・新山千春、和希沙也と共に鑑賞後の感想を聞かれ「ずっと涙が流れてました」と涙で目を腫らした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000024-oric-ent&kz=ent

石原さとみは今回2回目の鑑賞だったが「1回目も号泣で嗚咽でしたけれど、2回目もずっと涙が流れてました。素晴らしい作品」と感激の様子だった。ミニチュアダックスフンドを飼っているそうで「帰ったら、泣きそうになるぐらい抱きしめたい」と語っていた。
一児の母である新山千春は「ママ目線から見て、諦めない希望を持つ事を教えてもらいました」と実感し、和希沙也も「ハンカチがビショビショになるぐらい泣きました」と感動作を振り返っていた。
会場には中尾ミエ、星野知子、吉野紗香らも来場した。今作の舞台となる新潟の中越地震の復興支援に務めている中尾は「この映画をきっかけに現状を知ってもらいたい」と訴えていた。映画『マリと子犬の物語』は12月8日(土)より公開だ。


posted at 18:58 | 映画
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。