2007年11月25日

浜崎あゆみの新曲はCD販売なし?

浜崎あゆみ(29)の約4カ月半ぶりの新曲はCDでは販売せず、配信限定にするそうだ。浜崎あゆにとっては初の試みだ。エイベックスが苦肉の策に打って出た。この戦略、画期的に見えるが、エイベックスにとってはギリギリの戦略のようだ。プライドの高い浜崎あゆみがこの方針にどこまで納得していることやら……。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000001-gen-ent&kz=ent

「かつての浜崎はCDをリリースすればミリオンが当たり前でしたが、最近は返品率が高まっているそうです。さすがの“歌姫”も“CD市場”縮小の流れにあらがうのは難しいのでしょう。しかも、配信ならコストを削減できるし、在庫リスクも回避できる。エイベックスは、人気があるうちに浜崎を担ぎ出し、CDから配信への大きな流れをつくりたいのです」(音楽ライター)
エイベックスが配信限定発売に踏み切ったのは、経営不振が一因とみられている。16日、エイベックスは08年3月期の連結営業当期純利益の見通しを従来予想の31億円から26億円へ下方修正した。さらにクレディ・スイス証券が「映画事業の不透明感が増した」とし、投資評価を引き下げた。このことでエイベックスの株価が急落している。
「エイベックスは映画事業を次世代の中核に据えようとしてますが、クレディ・スイスの指摘通り、先行きが懸念されています。今年3月公開の大作『蒼き狼』は興収15億円前後しか確保できず、大コケした。また、08年は三十数億円を出資した中国映画『レッド・クリフ』の公開を控えていますが、ヒットするかどうかは未知数。コケるようなことになれば、同社の経営の屋台骨が揺らぎかねません」(映画ライター)
来月公開の出資作品「椿三十郎」は評価も高く、興行的には期待されているが、「映画がヒットしてもエイベックスが儲かるシステムになっていない」(事情通)という情報もある。
それでヘトヘトの“歌姫”を再び走らせているというわけのようだが、浜崎あゆみはいつになったら解放してもらえるのだろうか。


posted at 18:54 | 音楽
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。