2007年12月31日

リア・ディゾンが不機嫌に“エリカ様ポーズ”

リア・ディゾンはどうしてしまったのか?大みそかに生放送される「第58回NHK紅白歌合戦」(総合など後7・20)の前日リハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、29日の紅白歌合戦リハーサルで不機嫌モードだった初出場のリア・ディゾンが、この日は“沢尻エリカ”ばりのポーズを見せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071230-00000003-oric-ent&kz=ent

“大御所”北島三郎が「帰ろかな」を歌う場面のリハーサル。ステージ上には紅・白組のほとんどの歌手が顔をそろえ、北島の歌に合わせて声援を送る設定で、リア・ディゾンは舞台中央、北島の真後ろのポジションだった。ところが、歌リハの前に突然の涙を見せると、さらには、歌の最中に腕組みをする“エリカ様ポーズ”で不機嫌そうにした。
これにはNHKも大慌てで、リア・ディゾンを2列目の左から2番目という目立たない位置に移動させた。知らない歌を口ずさむことができず、悔しくて泣いたのか。リア・ディゾンは涙の理由について「大丈夫です」とだけ話したが、突然の“プッツン”行動に、会場は一瞬凍りついた。
posted at 20:35 | 音楽
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。