2008年02月08日

新垣結衣、ミニスカ生足を披露

その年の優れた映画、テレビ番組、俳優、番組プロデューサーを表彰するエランドール賞の授賞式が、2月7日(木)に都内ホテルで行われた。
2008年のエランドール賞作品賞(映画)に選ばれたのは、これまでにも数々の賞を受賞してきた『それでもボクはやってない』。ステージで表彰状とトロフィーを受け取った周防正行監督は、「3年半にわたって裁判に関わる方への取材を行っており、その方々に対して恥ずかしいものは作れないと思っていました。取材をしてもらってよかったと思っていただければうれしい」と喜びのコメントした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080208-00000001-vari-ent&kz=ent

そして、この年もっとも活躍した新人には、新垣結衣、大森南朋、小栗旬、貫地谷しほり、壇れいが選ばれた。華やかな衣装で表彰式に登場した5人は、それぞれ新人賞受賞の感想を語った。
小栗旬
「昨年はすごい勢いで仕事をしてきましたが、こういう結果に表れて素直にうれしいです。昨年は、忙し過ぎてせつなさも残りましたが、今年はもう少し地に足をつけて、ひとつずつやっていきたいと思います」
新垣結衣
「昨年はお芝居の仕事をたくさんした実感はありますが、映画出演は初めてのことで、このように評価をいただけたことに驚いています。今年も自分が感じたことを素直に表現していければと思っています」
大森南朋
「36歳ですが、初めて新人賞をいただけてうれしい。いろいろな役をいただければ、応えられるだけ応えていきたいです」
貫地谷しほり
「昨年はいろいろなお仕事をさせていただき、この賞をいただいたことで喜んでくださる方がたくさんいてうれしいです。今年はもっといろいろな役に挑戦して勉強していきたいです」
壇れい
「昨年からいろいろな賞をいただけて、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。仕事が大好きで、どんな役でも一生懸命取り組んできました。今年はいい意味で自分のいろいろな部分を見ていただきたいです」


posted at 19:02 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。