2008年02月28日

木村拓哉、ギャラが連ドラ史上最高額?

SMAPの木村拓哉(35)が4月からフジテレビの“月9”ドラマで主演する。キムタクが首相を演じるというので話題で、タイトルは未定だが「プライムミニスター」などが候補に挙がっているという。
そんな中で、木村拓哉の出演ギャラがここにきてもっとも関心を集めている。“連ドラ史上最高額”になるのではないかといわれているのだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000001-gen-ent&kz=ent

SMAPのメンバーのドラマ出演料は軒並み高額とされるが、出演作の視聴率が常に20%以上をキープしている木村拓哉は中でも別格だ。1回出演するときのギャラの相場は300万円以上とみられてきた。そんな“高額化”に拍車がかかったのが昨年の主演ドラマ「華麗なる一族」(TBS)で、2倍の600万円程度にハネ上がったといわれている。
「今回の“月9”で、木村がその記録を再び更新するのは確実とみられています。外れなしで高視聴率を稼げる木村は、どの局にとってもノドから手が出るほど欲しい存在です。各局ともかなり前からドラマの企画とギャラを木村サイドに提示し、争奪戦を繰り広げてきました。結果的に、フジに軍配が上がったわけですが、『華麗なる一族』を上回るギャラを提示したことが勝因ではないかとウワサされています」(マスコミ関係者)
テレビ関係者の間では、1話あたりのギャラを500万円にし、これに“企画料”名目で200万円を加算して「華麗なる一族」を実質的に上回る700万円にしたといわれている。これだと全11話で7700万円。また、「華麗なる一族」の5割増しの1話900万円、トータル1億円にしたという仰天情報も浮上している。
もっとも、ドラマにかかる制作費は4000万〜5000万円が相場とされる。フジとしてはドラマの映画化、DVD化で採算がとれるように考えているはずだが今回の“月9”の制作費を飛躍的にアップさせなければ、高視聴率を稼いでも、木村の出演ギャラが高くて赤字になりそう。


posted at 18:49 | 芸能
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。