2008年03月23日

セーラー服女子高生が血まみれ

人気アクションゲーム「お姉チャンバラ」を実写映画化したビキニ姿の女剣士が大活躍する「お姉チャンバラ THE MOVIE」(福田陽平監督)が4月26日から公開されることが明らかになった。舞台あいさつなども予定されているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080323-00000007-maiall-ent&kz=ent

主人公の彩を、本広克行監督の「少林少女」にも出演している乙黒えりさん、彩の妹でセーラー服の剣士・咲役を特撮ヒーロードラマ「轟轟戦隊ボウケンジャー」のボウケンイエロー役の中村知世さん、ボンデージ姿のレイコを、国民的美少女コンテストで演技賞を受賞している橋本愛実さんが演じる。セクシーな衣装で、血が飛び散る過激なアクションを披露する。渋谷Q-AX、シネマート新宿など全国でロードショー公開される。
「お姉チャンバラ」は、D3パブリッシャーが開発、ビキニの美剣士・彩がソンビの群れを切り倒すアクションが人気となり、シリーズ累計30万本を売り上げている。映画は、謎の科学者によって作り出されたゾンビがあふれかえる世界を舞台に、娘を殺されたレイコと、彩たちがゾンビたちに立ち向かう。だが、彩の前には、妹で最強の女子高生の咲が立ちはだかる……というバイオレンスアクション。


posted at 18:42 | ゲーム
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。